ソテツ邸の記録~ 一条工務店i-smart ~

2018年2月よりハウスメーカー&土地探し開始。2019年秋、引き渡し予定。 打合せも大詰めとなってきたところで皆様に便乗し備忘録を兼ねブログを立ち上げてみました(^-^)/

悩める間取り~玄関編~

こんにちは!ソテツです( ´∀` )b 

今日はわが家の間取りシリーズをお届けします!! 

 

一条工務店ブロガーさん達の

ブログはこちらからo(^o^)o

  ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

 

 

初回の打合せの際、まずは思い描いている理想の間取りを設計士さんにぶつける時間があります。

わが家も数週間考えた理想だったり必須条件だったりを全力でぶつけたわけですが、

今日はその中の、玄関について書いていきます。

 

 

 

まず私たちが初対面の設計士さんに伝えた玄関に関する要望。

 

 

 

「シューズクロークが欲しいですっ!!」

 

  以上。

 

 

 

えっ?全然こだわってないじゃんかい!って?笑

それを言っちゃあ、ブログなんて書けませんよ!

 

でもね、こだわってるんですよ。
シューズクローク。

こだわりって言わせてくださいよ。

 

憧れだったんですよね。なんか注文住宅って感じじゃないですか。笑

 

別に広くなくてもいいんです。
コートや傘やベビーカー、子供が大きくなった時の部活道具などがギュウギュウでも置ければ。

 


さぁ、よぉ~く考えてみてくださいよ。

たとえ1帖だけでも有るのと無いのじゃ全然違いまっせ!

玄関すっきり片付いちゃいますよぉ?奥さん!?

いつ誰が来ようと扉閉めちゃえばいつでもモデルハウス!

 

てことでこれだけは必須だったんです。
だからわが家のこだわりポイントなんです(^^)/

 

 


で、出来上がった図面がこちら。

f:id:sotetsu-ismart:20190416215747j:plain

なかなか良いじゃない(^.^)
最低限の広さは保たれてるし、階段別だし、スリットスライダーついてるし。

シューズクロークも何とか1帖(*'▽')

 


で、外から見るとこちら

f:id:sotetsu-ismart:20190416220231j:plain

うん。良い!(ちなみにタイルはブラックとホワイトです)

左側の出っ張りなんてi-smartのツートン色をうまくいかせる!!

 

 


けどなんか物足りないなぁ。

 

 


んんー。。。

 

 


んんんー。。。

 

 


もしかしてドアかな?

 

 


一条で選べるドアの形。

【片開きドア】
上の写真がそれです

 

【親子ドア】

上のドアの隣に子が来ます。←雑 

 

【両開きドア】

上のドアがもうひとつついて観音開きになります。

その存在感は圧巻です。(展示場で結構見かけますよ)


しかーし、現実問題、両開きドアはさすがにデカイ。
わが家の場合、リビングにでもつけない限り採用でません。

ということで親子ドアに出来ないかと相談。


今の間取りだと一見、平面図で見ると何とか入るように見えても実際にはスペースが足りないとのこと。

 

そこを何とかお願いしますよ設計士さん(・ω・`人)

 

 

 

親子ドアのちっちゃい方を開けることは無いと思います。

(開けたとしても引っ越しの時ぐらい)


壁じゃなくなる分、断熱性能が落ちることもわかります。

 

でもでも!でもでも!!
スペースが許すのであれば親子ドアの方が断然カッコイイっ(^o^)v

 

それも!なんと!今なら差額無し!
標準でついてくるじゃありませんか!!

ごめんなさい。別にキャンペーンとかじゃないです。元々標準です。

※ファノーバの場合は差額16,500円です


てことで予定していなかった親子ドアを追加してもらうことにしました。

で、出来上がった図面はこちら!

f:id:sotetsu-ismart:20190416222452j:plain

 

 

外から見るとこちら。

f:id:sotetsu-ismart:20190416222529j:plain

ファノーバのF-B11Bシナモンエルム(標準差額16,500円)です。

 

ビフォーの画像と比べると他にもいろいろ変わってますが、そこについては後日ご報告します。

 

結果♪

とても満足しています。超モダンな白黒外壁にシナモンエルムの優しい色合いがミスマッチなようでとてもマッチしてます。

で、当初の重みのある壁(左の出っ張り)をあえて無くし親子ドアによって重厚感を出す。

外観からの見た目もさることながら、親子ドアの「子」によって明かりをとれるようになりましたし、必須条件だったシューズクロークのスペースも維持されています。

 

まとめ

わが家は西玄関ですが、南玄関で計画されている方なんかは是非ともスペースに余裕がありましたら親子ドアのご検討されてみてはいかがでしょうか??

 

この他人気の記事はこちらからo(^o^)o

  ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ