ソテツ邸の記録~ 一条工務店i-smart ~

現在、絶賛工事中!2019年秋、引き渡し予定。 備忘録も兼ねブログです(^-^)/

わが家の地盤改良費用

こんにちは!ソテツです( ´∀` )b

 

 

人気の一条ブロガーさん達の記事はこちらo(^o^)o

 ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

 

さて今日も昨日に引き続き地盤改良・基礎補強についてお伝えしようかと思います。

 

まずはじめに、これから家を建てようとお考えの方!

一条工務店では「無料地盤調査」をすべての方に実施しています。

 

地盤改良工事が必要になった際、内容によってはかなりの費用がかかります。

わが家のように・・・

 

既に土地をお持ちの方は今すぐに!

打ち合わせと並行して土地を探されている方は、土地購入直後に!

 

お金に余裕があれば別ですが、目一杯に夢を詰め込んで計画した図面。

地盤改良工事費次第では白紙または一部取りやめ・変更ってこともあり得ますからね。

 

ちなみにわが家は強固な山肌?森林地帯?を切り開いて造成された土地でしたので、地盤改良とは無関係だと思っていました。

実際に無料地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)当日は立ち会いましたが、営業さんたちは口をそろえて「いい地盤ですね~」とおしゃられていました。

 

一部分を除いて。

 

まあ、嫌な予感はしていたんですけどね。

 

 

 

1週間ほど経ちました。

 

 

営業さんから結果発表。

 

 

結果:「特殊小口径鋼管です」

 

( ゚Д゚)

  ( ゚Д゚)

    ( ゚Д゚)

 

 

わが家の土地、もともとの地盤はよかったようですが、造成するにあたり悪くなったようです。

 

簡単に説明しますまず元の土地の断面図はこんな感じです

 ↓ ↓ ↓

f:id:sotetsu-ismart:20190408233258j:plain

で、造成後はこんな感じです

 ↓ ↓ ↓

f:id:sotetsu-ismart:20190408233305j:plain

色付きのペン、蛍光ペンしか無くて見づらくなっちゃいました(´・ω・`)

 

斜面に沿って段々に家が建つ感じに造成されています。

そのため斜面を階段状に削り取っているのですが、それこそが落とし穴。

 

見づらくて申し訳ありませんが、下の画像の青い部分、ここは造成時に完全に削り取り、L型の擁壁(ようへき)を埋め込み、再度土を突っ込んだ部分です。

 

そう。やわらかいんです。

 

もちろん地固めしながら土を入れていくようですが、やはり元の地盤と同等まではいかない。

わが家の土地は固い地盤と軟らかい地盤が入り乱れているため杭(特殊小口径鋼管)による補強が必要とのこと。

 

 そしてその杭は家の基礎全体に対して均等に配置しなければならないのですが、

わが家の場合、上図で説明しますと家の左側の地中にL型擁壁が埋まっているため

 

杭が打てない・・・

 

そのため、杭が打てない部分の基礎下を補強しなければならないのです。

 

それが

基礎補強工事

 

 

というわけでわが家の

「地盤改良工事費用」!!

 

  • 特殊小口径鋼管 110万円
  • 基礎補強工事  30万円

 

              総額140万円

 

 

なかなかかかりました。

 

まぁでも。予期してなかったし目に見えない部分だったけど、

せっかく建てた家が傾いちゃっても困りますからね。

 

土地探しと間取プランが同時進行の方や、造成完了待ちの間に間取プランされている方など。プランが煮詰まった頃に地盤調査の結果がやってくる方は、

資金計画が狂い振出しに戻らないためにも最悪の事態を想定されておくとことをお勧めします。

 

それでは明日からは中断していたキッチン仕様から再開していきたいと思います(^^)/

 

良かったら↓をクリックしてやってくださいo(^o^)o

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村